今年こそ「投資」を始めよう

OLC株、WTI原油価格連動型上場投信の投資情報

毎年おおくの入場者でにぎわう東京ディズニーリゾートは、株式会社オリエンタルランドという企業により運営されています。投資家たちの間ではOLCという略号でも親しまれており、同社の株式はしばしば注目される銘柄となっています。とりわけ、東京ディズニーリゾートの来場者数記録や入園料改定や新アトラクションなどに関するニュースが報じられると、それに着目した投資家たちによる取引が活発となり、株価が大きく動くケースも少なくありません。また、OLCの株主優待は、東京ディズニーランドや東京ディズニーシーで利用できるワンデー・パスポートであるため、それを目当てに株式を購入する一般の個人投資家たちもいます。2016年1月4日現在、OLCの株価は7,154円です。この株価からすれば、72万円ほどの投資でOLCの株主になることができます。
さて、投資家たちが取引の対象としているのは、企業の株式だけに限りません。原油などの商品相場に投資をして利益を上げようとする人々もいます。一般の個人が原油関連銘柄に投資をしようとする場合、もっとも簡単な方法の1つは、原油価格に連動したETF(上場投資信託)を購入することです。そのようなETFの代表的な銘柄に「WTI原油価格連動型上場投信」(銘柄コード1671)というものがあります。2015年、原油価格は大きく下落したため、このETF銘柄の価格もそれに連動して大きく下落しました。2014年12月30日に付けたこの年最後の終値は4,680円でした。これに対し、2015年最後の取引となった12月30日における終値は2,409円でした。つまり、原油価格同様、このETFの価格も1年間でほぼ半分にまで落ち込んでしまいました。2016年6月にはOPEC(石油輸出国機構)の総会が控えており、原油安の行方に大きな注目が集まりそうです。